サドンフィクション メニュー
「有意義なヒマのつぶし方」サイト内でSSを書くにあたり、ただ書くだけではつまらないということで、ランダムにピックアップした単語を先に掲示し、そこからサイコロを振って選ばれた三つ(または二つ)を使って百合話を作るというチャレンジをしておりました。

当時の熱い思いでは、いついかなる単語でも場所でも百合話は作れるはず、というものだったのですが、我ながら根性があったもんです。

第一回目のときは最初99ワードを提示して33話を作り、第二回目は64ワードで32話を作りました。
残念ながらこのフォルダの保存状態はめちゃくちゃ悪く、全部で65話アップしていたはずが下の9話だけになってしまいました。